Vライン脱毛時はどんな体勢?

Vラインをしたいと考えている女性はたくさんいますよね。

でも、脱毛サロンやエステではどんな体勢でどうやって施術されるのか、恥かしいし不安って人は多いはず!
さて、Vラインの脱毛はどのように行われるのでしょうか?

Vラインの脱毛中は、施術ベッドに仰向けで寝ているだけで大丈夫です。
施術する箇所によっては、足を少し開いたり、膝を立てるように言われることもあります。
IラインやOラインになるとまた体勢は変わってきますが、Vラインの場合は寝ているだけで出来ます。

みなさんが気になることは、脱毛部位は丸出しで施術するの?ということですよね。
ほとんどのサロンでは、ガウンやタオル、専用のショーツなどをちょっとずつズラしながら施術を行うようです。

それでも恥ずかしいという人もいると思いますが、エステティシャンの方たちは今まで何人ものVライン脱毛をしています。
彼女たちは見慣れていて何とも思いませんし、仕事ですのでスピードと正確さが求められます。
次の予約のお客さんも待っていますし、黙々と施術をしてくれます。

私たちが考えているより、Vラインの施術はあっさりしたものだと思っていいでしょう^^
恥ずかしいからという理由で躊躇している人は、思い切って脱毛してみてはいかがでしょうか。

Vラインの形選びで失敗しないために!

最近脱毛をする人が増加してきているVラインですが、形を選ぶことができるんですよね^^
しかし、一度脱毛してしまうと、後で形を変えるのは非常に難しいものです。
流行の形に脱毛したい女性もいると思いますが、その場合は後悔しないようによく考えましょうね!

流行の形になったVラインを見ると、今は満足するかもしれません。
ですが、洋服のように、Vラインの形の流行もいつかは終わってしまうかもしれません。
形を選ぶ際は、将来のことも考えてデザインすることが重要です。

Vラインの形で後悔しないためには、年齢を重ねた場合のことも考えましょうね。
ハート型に脱毛した場合、今は可愛くていいかもしれませんが、40代や50代になった時に恥ずかしい思いをするかもしれません。

また、ハート型などの奇抜なデザインの場合、フラッシュ脱毛では難しいためニードル脱毛での方がキレイに仕上がります。
しかし、Vラインは皮膚が薄いため痛みを感じやすい部位でもあります。
ニードル脱毛は比較的強い痛みを伴う脱毛でなので、覚悟が必要です^^;

形を選ぶときは、以上のようなことを考慮しておくべきでしょう。

Vラインと一緒にIラインの脱毛を!

アンダーヘアの脱毛で最も人気なのが、Vライン脱毛です。

人からの視線も気になる部位ですし、きちんとお手入れをしたいと思う女性は多いようです。
しかし最近では、Vライン脱毛と同時にIライン脱毛をする女性が増えているんですよ!

「Vラインの脱毛だけでいいんじゃないの?」と思う方も多いでしょうね。
ですが、Vラインの形によって、Iラインもお手入れした方が自然にキレイに見えるんです。

Vラインは好きな形を選んで脱毛できるのですが、逆三角形の形の脱毛を希望したとします。
この形は、Iラインに近づくにつれて毛の量が減っていく形なのですが、Iラインがムダ毛いっぱいの状態だと不自然ですよね。
むしろ、逆三角形の形に見えないなんてことも…。

Vライン脱毛の形によりますが、Iラインも脱毛したほうが自然な仕上がりになることもあるんです。

Tバックのような面積小さな下着を着用した時にも、Iラインの脱毛をしていれば気になりません。
Iラインの毛がなくなることで、生理中の蒸れや痒みが解消されることもあります!

Iラインの脱毛には様々なメリットがあるので、ここ最近では脱毛する女性が増えているんですね^^

Vラインの形、途中変更はできるの?

Vライン脱毛を始めてから、「やっぱりこの形は違うかも…」と思ってしまうこともあると思います。
奇抜な形に決めて脱毛開始したけど、やっぱり変更したいなんて事も。
では、脱毛が始まってからでも、Vラインの形は変更できるのでしょうか?

変更できるかどうかは、選んだ形によります。
例えば、「逆三角型」や「スクエア型」など、最初に毛の範囲の多い形を選んだ場合は変更可能かもしれません。
残っている毛の範囲が多いので、他の形にも対応しやすいからです。
ただし、フラッシュ脱毛の場合は、施術を重ねるとだんだん効果が現れてくるので、変更したい場合はできるだけ早くサロン側に相談しましょう。

しかし、ニードル脱毛で脱毛を行っている場合は、形の変更は厳しいかもしれません。
ニードル脱毛は、ムダ毛を1本ずつ処理し、永久性が高い方法です。
処理してしまった毛は、もう二度と生えない可能性が高いのです。

このように、脱毛方法や形によって、脱毛開始後の変更ができるかどうかは変わってきます。
もし変更したいと思った場合は、言いづらいからと悩まず、手遅れになる前に早めに相談しましょうね!

Vライン脱毛、毛の長さや量もお手入れできる?

Vライン脱毛は、自分の好きな形に整えることができます。
しかしVラインには、毛の長さや毛量の多さなどの悩みもありますよね。
それらは脱毛で解消できるのでしょうか?

実は、毛の量は全体にフラッシュ光を照射することで薄くなりますが、毛の長さまではお手入れ出来ないんです。

毛の量は、フラッシュ施術を数回ほどVライン全体に行うと、毛が細くなって満足のいくものになるでしょう。
しかし、それだとサロンによっては追加料金がかかってしまうことがあります。
毛の量も減らしたいという方は、カウンセリング時に確認しておくといいでしょう。

毛の長さは、残念ながら脱毛では整えることはできません。
気になる場合は、ハサミでカットすることでお手入れしましょう。
そうすれば、毛が長いため下着や水着からはみ出るトラブルには対処できます。
最近では、カット時のチクチクを抑える、アンダーヘアのカット専用のグッズが販売されています。

Vラインの毛の長さや量に悩んでいる人は、脱毛と合わせて専用グッズなどで自己処理をしてみてはいかがでしょうか^^

脱毛方法で「Vラインの境目の仕上がり」が違う!

Vライン脱毛は、脱毛方法によって「境目の仕上がり」が違ってくるんです^^
エステサロンでの脱毛となると、フラッシュ脱毛かニードル脱毛のどちらかになります。
この二つで、どのように仕上がりが変わるのでしょうか?

ニードル脱毛の場合は...
「永久脱毛」と呼ばれるこの脱毛方法だと、一度施術を行った毛穴からは二度と毛が生えてきません。
ニードル脱毛は、毛を1本1本の単位で処理するので、毛の生えている部分と生えていない部分の境目がキレイにくっきりとしたVラインに仕上がります。

フラッシュ脱毛の場合は...
フラッシュ光による脱毛は、光のパワーで毛の再生を抑えるもので、何度も施術を重ねるとだんだん毛が細く、薄く、少なくなっていくものです。
施術回数によって、ほぼ毛が生えない状態にまでなります。
フラッシュ脱毛は、シートで脱毛する部分以外を隠して光を照射するので、Vラインの境目はニードル脱毛に比べるとぼんやりしたものになります。

ぼんやりした境目は自然な仕上がりに見えますし、くっきりした境目は少し不自然な感じになりますね。
くっきりした境目がいい!という方は、痛みは伴いますが、ニードル脱毛をオススメします^^

Vラインのムダ毛 毛の長さはどうする?

脱毛で、Vラインの毛の長さをお手入れすることは出来ません。
なので、気になる場合は自分でトリミングすることが必要です。

Vラインのムダ毛の長さの平均は、約5センチほどです。
Vラインの毛は、ずっと伸び続けるものではなく、ある程度伸びると成長は止まります。
なので、実際多くの人は、毛の長さよりも密度が気になっているのです。
毛を短くすると逆に不自然になってしまいます。
全体的なムダ毛の濃さが気になる場合は、全体にフラッシュ光を照射することをオススメします。

それでもトリミングする場合、
1.まずはトライアングルの境目2〜3cmより内側のムダ毛を、半分の長さにカットしましょう。
2.内側1cmくらいの部分のムダ毛は、1cmほどの長さにカットしましょう。
3.全体的に、ムダ毛の外側から内側に向かって、だんだん毛が濃くなるようにしましょう。

このようにトリミングすると、自然な仕上がりになるでしょう。
カミソリではなく、ハサミを使用して行いましょう。

専用のトリミング用品もあるので、使用してみてはいかがでしょうか^^